「ヨハン7世 (ナッサウ=ジーゲン伯)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ヨハン7世'''(Johann VII., [[1561年]][[6月7日]] - [[1623年]][[9月27日]])は、ナッサウ=[[ジーゲン]]伯およびフロイデンベルク伯。オラニエ公[[ヴィレム1世 (オラニエ公)|ヴィレム1世]]の弟ナッサウ=ディレンブルク伯[[ヨハン6世 (ナッサウ=ディレンブルク伯)|ヨハン6世]]と最初の妻エリーザベト・フォン・ロイヒテンベルクの次男。[[オランダ]]では'''ヤン・デ・ミッデルステ'''(Jan de Middelste)と呼ばれる。
 
従弟である[[マウリッツ (オラニエ公)|マウリッツ・ファン・ナッサウ]]に協力して、[[ネーデルラント連邦共和国|オランダ共和国]]軍に近代的な軍事教練を行った。軍事理論家であり、また[[ジーゲン]]にヨーロッパで最初の[[士官学校]]を設けたことでも知られる。
 
1581年にヴァルデック伯フィリップ4世の娘マグダレーナ(1558年 - 1599年)と結婚し、12子をもうけた。のち、ゾンダーブルク公ヨハン([[デンマーク]]王[[クリスチャン3世 (デンマーク王)|クリスチャン3世]]の三男、[[グリュックスブルク家]]、[[アウグステンブルク家]]の祖)の娘マルガレータと結婚し、[[ヨハン・マウリッツ (ナッサウ=ジーゲン侯)|ヨハン・マウリッツ]]ら13子をもうけた。
 
{{DEFAULTSORT:よはん7}}
{{History-stub}}{{Gunji-stub}}
[[Category:オランダ史の人物]]
[[Category:オランダの軍人]]
匿名利用者