「教会会議」の版間の差分

編集の要約なし
(Otheruseslist)
編集の要約なし
===ルーテル教会での用法===
[[ルーテル教会]]の伝統では、教会会議、シノッドという言葉は教区に似た地方的な管理区域、たとえば[[アメリカ福音ルーテル教会]]のミネアポリス地区教会会議か、ルーテル教会ミズーリ・シノッドのように教会組織全体のことを指す。時折この言葉は教区の司祭の集会について使われることがある。そのような場合、この言葉は決定権を持たない会議のことを意味する。
 
===長老派での用法===
いくつかの[[長老派教会]]では、教会会議もしくは大会(synod)は総会と地方の[[長老会]]の間に政治的に位置する会議である。[[カナダ長老教会]]、[[オーストラリア連合教会]]および[[アメリカ合衆国長老教会]]にこれがあてはまる。これら全ての教会は[[スコットランド国教会]]の組織から影響を受けたものである。しかし、スコットランド国教会自身は自らの教会会議を80年代に解散させている。英語記事[[:en:List of Church of Scotland synods and presbyteries]]も参照せよ。
 
===改革派での用法===
[[改革派]]教会]]が地理的に定義された区域を管轄する独立した教会群として組織されている(例えばチューリッヒ改革派教会やベルン改革派教会)スイスおよび南ドイツ改革派教会では、教会会議は長老派教会の総会に相当する。オランダ改革派教会(およびその北米での片われ)では、教会会議は各地方の教会の代表からなる教派会合のことを指す。
 
====長老派での用法====
いくつかの[[長老派教会]]では、教会会議もしくは大会(synod)は総会と地方の[[長老会]]の間に政治的に位置する会議である。[[カナダ長老教会]]、[[オーストラリア連合教会]]および[[アメリカ合衆国長老教会]]にこれがあてはまる。これら全ての教会は[[スコットランド国教会]]の組織から影響を受けたものである。しかし、スコットランド国教会自身は自らの教会会議を80年代に解散させている。英語記事[[:en:List of Church of Scotland synods and presbyteries]]も参照せよ。
 
==重要な教会会議==
*トゥールーズ教会会議 [[:en:Synod of Toulouse]] [[1229年]]
*[[ドルト教会会議]] [[:en:Synod of Dort]] [[1618年]]/[[1619年]]
*[[ウェストミンスター会議]][[1646年]]
*[[総会 (聖公会)|総会]] [[:en:General Synod]]: アングリカン・コミュニオン
*[[聖シノド]] [[:en:Holy Synod]] (ロシア等一部の正教会)
10,006

回編集