「春山弁蔵」の版間の差分

編集の要約なし
m (+Cat等)
'''春山 弁蔵'''('''はるやま べんぞう'''、生年不明 - [[明治]]元年[[9月18日 (旧暦)|9月18日]]([[1868年]][[11月2日]]))は、[[幕末]]期の[[幕臣]]。浦賀奉行所組同心、[[長崎海軍伝習所]]第一期生。[[戊辰戦争]]の際、[[咸臨丸]]副艦長を勤め、品川沖から脱走した。途中嵐に巻き込まれ、[[清水港]]に漂着。白旗を掲げるも新政府軍からの攻撃を受け、討死した。
 
日本初の洋式軍艦[[鳳凰丸]]、蒸気軍艦[[千代田形丸|千代田形]]の設計に従事した有能な技術者であった。
 
{{people-stub}}
{{DEFAULTSORT:はるやま へんそう}}
[[Category:幕末徳川側人物]]
[[Category:日本の技術者]]
[[Category:1868年没]]
{{people-stub}}
{{Japanese-history-stub}}
匿名利用者