「特異度」の版間の差分

m
関連項目 +1, DEFAULTSORT
m (関連項目 +1, DEFAULTSORT)
特異度が高い、とは、「陰性のものを正しく陰性と判定する可能性が高い」、あるいは「陰性のものを間違って陽性と判定する可能性が低い」という意味である。
 
対となる表現に[[感度]](敏感度)があるが、特異度は感度との兼ね合いで決まるため、必ずしも特異度のひたすら高い検査が良いとは言えない。(''この議論については[[感度]]参照'')
 
なお、検査に限らず、「Bという症状は、Aという疾患に'''特異的'''だ(特異度が高い)」という言い方をすることが可能である。この場合の意味は、「Bという症状があれば、Aという病気がないのに誤ってAであると診断してしまう可能性が低い」という意味、すなわち「Bという症状があればAを強く疑ってよい」という意味で使われることが多く、逆に言えば「Bという症状がないからAという病気はない可能性が高い」と言っているわけではない。厳密にはこのような文脈で言う特異度とは'''陽性予測度'''であり、こういう文脈で使われる特異性・特異度は、検査における特異度の概念とは異なっている。
 
==関連項目==
 
*[[疫学]]
*[[二項分類]]
*[[第一種過誤と第二種過誤]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:診断と治療|とくいと]]}}
[[Category:統計学|とくい診断治療]]
[[Category:統計学]]
 
[[de:Spezifität]]
939

回編集