「アスペクト比」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (リンク修正)
m
'''アスペクト比'''または'''アスペクト・レシオ'''('''Aspect Ratio''')とは2次元形状の物の長辺と短辺の[[比率]]を指し示す言葉。使用される代表的な物は、映像、紙、航空機や鳥の翼の形状、[[MEMS|微細加工]]における穴径と深さなどである。長辺:短辺または短辺:長辺で表されるが、ここでは長辺:短辺で統一する。なお、テレビやデジタル関係では長辺:短辺(横縦比)で表されることが多いが、映画界では伝統的に短辺:長辺(縦横比)で表されることが多い
 
長辺:短辺または短辺:長辺で表されるが、ここでは長辺:短辺で統一する。
==具体例==
なお、テレビやデジタル関係では長辺:短辺(横縦比)で表されることが多いが、映画界では伝統的に短辺:長辺(縦横比)で表されることが多い。
*卓球の粒高ラバーの粒の(高さ÷直径)の割合。1.1以上だと反則になる。 
*[[スクリーン・アスペクト比]] (SAR)
** [[テレビ|従来型のテレビ]] (SDTV) の画面は4:3(1.33:1)。パソコンの[[画面解像度]]の比率で、[[VGA|640×480]]・[[XGA|1024×768]]がこの条件を満たす代表例である。
**1920×1080(デジタルHDTV)のピクセルは、1:1。
**1440×1080(デジタルHDTV)のピクセルは、4:3。
*卓球の粒高ラバーの粒の(高さ÷直径)の割合。1.1以上だと反則になる。 
*[[紙]]。[[紙の寸法]]を参照。
**A版・B版は1.414:1(√2:1、[[白銀比]])。
*鳥や航空機の翼の形状 →[[翼#形状関係]]、[[翼平面形]]を参照。
* 写真のアスペクト比→[[写真#アスペクト比]]を参照。
 
 
{{DEFAULTSORT:あすへくとひ}}
370

回編集