「和様建築」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''和様建築'''(わようけんちく)とは、[[鎌倉時代]]に中国から伝わった建築様式([[大仏様]]、[[禅宗様]])に対して、それまで日本で寺院建築に用いられてきた寺院建築の様式を指す。単に'''和様'''(わよう)とも呼ばれた場合には和様建築のことを指す場合もある。
 
== 概要 ==
もともと寺院建築の様式は中国から伝わってきたものであるが、[[平安時代]][[国風文化]]の時代に日本人好みに洗練されていった。大寺院では規模の大きな仏堂もあるが、住宅風に柱を細く、天井を低めにした穏やかな空間の仏堂も造られた。鎌倉時代に中国から新たな様式が伝わってくると、従来の様式との違いが意識されるようになり、やがて和様という言葉が生まれた。
 
中世においては、禅宗寺院では禅宗様、密教寺院には和様(一部に大仏様を取り入れた折衷様)と宗派と建築様式の区分もあったが、近世に入ると様式の折衷化が進み、密教寺院に一部禅宗様の要素が取り入れられることもあった。