メインメニューを開く

差分

m
=== 軍機大臣制度の衰退 ===
[[太平天国の乱]]以降、清国内では戦乱が続き、政治の実権は軍事力を持たない軍機大臣から、[[郷勇]]ら具体的な軍事力を持つ集団へと移っていった。[[1901年]]の[[義和団の乱]]の後、遅ればせながら[[西太后]]も制度改革の必要性を認め、[[1906年]]11月6日([[光緒]]32年9月)の改正で六部と内閣を統合・再編する形で会議政務所が設置された。軍機大臣は自動的に「会議政務大臣」に任命されて会議政務所に参加したが、かえって軍機処が政治の中心から外れる事になる。また、会議政務処には各部尚書が内閣政務大臣として参加したため、軍機大臣のうち本籍が六部にあった大臣は軍機大臣を辞めて会議政務処に参加した。改変時の軍機大臣6名とその異動は下記の通り。
* [[愛新覚羅奕キョウ|慶親王奕劻]] :(外務部総理大臣):留任
* [[瞿鴻禨]] :([[協弁大学士]]):留任
* [[鹿伝霖]] :(吏部尚書):吏部尚書に帰任
* [[栄慶]] :(学部尚書):学部尚書に帰任
* [[鉄良]] :(戸部尚書):陸軍部尚書に異動
* [[徐世昌]] :(巡警部尚書):民政部尚書に異動
尚書(従一品官)級の4名が軍機大臣を辞めて軍機大臣が2名となったため、新たに2名を補充した。
* [[世継]] :[[体仁閣大学士]](正一品官)
* [[林紹年]] :広西巡撫・侍郎(従二品官)
だが各部の長官4名の抜けた穴を埋めれるものではなく、軍機大臣の影響力はますます低下していった。
 
[[1911年]]5月8日([[宣統]]3年4月)、新内閣制度の施行に伴なって軍機大臣も廃止される。最後の軍機大臣はいずれも新内閣の閣僚として編入された。
* 慶親王奕劻: [[理大臣 (清朝)|理大臣]]に就任
* 貝勒[[毓朗]]: 軍諮大臣に就任
* [[那桐]]: 内閣協理大臣に就任
* 徐世昌: 内閣協理大臣に就任
 
6,431

回編集