「駿府藩」の版間の差分

藩政の加筆
(藩政の加筆)
慶長14年([[1609年]])12月12日、家康の10男・[[徳川頼宣]]が50万石で入封したことから、駿府藩が復活する。ただし、頼宣は幼少の上、家康がなおも駿府城で幕政を見ていたことから、実際は家康の補佐を受けて頼宣が藩主になったものであり、藩政も[[本多正純]]や[[安藤直次]]ら家康の側近によって行なわれていた。[[元和 (日本)|元和]]5年([[1619年]])7月19日、家康没後、頼宣は[[紀伊国|紀伊]][[紀州藩|和歌山藩]]に移封され、駿府藩は廃藩となった。
 
[[寛永]]2年([[1625年]])1月11日、第3代将軍・[[徳川家光]]の弟・[[徳川忠長]]が駿河・遠江・甲斐などに50万石で封じられたことから、駿府藩が再立藩される。忠長は将軍後継をめぐって家光と争った経緯から不仲であり、さらに寛永7年([[1630年]])には[[静岡浅間神社|浅間神社]]の神獣とされる猿を捕殺したり、寛永8年([[1631年]])には家臣や侍女を多数惨殺したりするなどの乱行が目立ったことから、5月29日に発狂したとして[[上野国|上野]][[高崎藩]]に蟄居の身とされ、父の[[徳川秀忠]]没後の寛永9年([[1632年]])10月20日には兄によって[[改易]]された。このとき、忠長の家臣の多くも連座により改易されている。そして寛永10年([[1633年]])12月6日、忠長は高崎で自害した。
 
忠長改易後、駿府藩は廃藩となり、以後は[[天領]]として[[江戸幕府]]直属の[[旗本]]が[[駿府城#駿府城代|駿府城代]]として赴任する駿河城番時代が続いた。
 
=== 明治時代 ===
徳川忠長時代の駿府藩は、忠長の乱行が目立っているが、その重臣である[[朝倉宣正]]や[[鳥居成次]]らによって無難なく行なわれている。
 
天領時代の駿は、駿府定番城代として幕府直属の大身旗本などが赴任し、旗本の知行地となっている。この駿府城代が、駿府定番・駿府在番・駿府加番などとともに[[番方]]を務める一方で、[[遠国奉行#駿府町奉行|駿府町奉行]]・[[代官]]が[[役方]]を務めた
 
徳川家達時代の静岡藩の職制は、江戸幕府の役職をそのまま名前だけ変えて踏襲したものが大半だった。また、家達が幼少のため、準中老に[[大久保一翁]]、幹事役に[[勝海舟]]や[[山岡鉄舟]]らが任じられ、政務が行なわれている。ちなみに政府との交渉は、新政府寄りである勝海舟によって行なわれた。しかし、江戸時代の幕府天領・旗本領の総計約700万石と比べて十分の一の石高での立藩であり、新たな俸禄で生活可能な人数を超える旧幕臣や郎党が移住したため、その生活扶助のために藩の財政は早くも悪化した。そのため旧幕臣の[[渋沢栄一]]が起用され財政再建が行われた。
573

回編集