「川合玉堂」の版間の差分

編集の要約なし
(外部リンク追加)
'''川合 玉堂'''(かわい ぎょくどう、本名:川合 芳三郎(かわい よしさぶろう)、[[1873年]][[11月24日]] - [[1957年]][[6月30日]])は、[[明治]]から[[昭和]]にかけて活躍した日本[[画家]]。
 
==人物==
1873年、[[愛知県]][[葉栗郡]]外割田村(現在の[[一宮市]]木曽川町)に、筆墨紙商の長男として生まれる。12歳頃より絵に親しみ、[[京都]]にてはじめ望月玉泉門下、後に[[幸野楳嶺]]門下で[[円山派|円山]]・[[四条派]]を学ぶ。「玉堂」と号するのは[[1890年]]、17歳のとき。この際「春渓群猿図」「秋渓群鹿図」は第3回内国勧業博覧会に入選している。
 
70,293

回編集