「ラップ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: yi:ראפ מוזיק)
m編集の要約なし
この歌唱法で作られた音楽のジャンルを指してラップと呼ばれることもある。ただし、ラップとは上記のような歌唱法を指す言葉なので、ジャンルを指しては、ラップ・ミュージックやヒップホップ・ミュージックなどと呼んだほうが正しい。
 
ラップをする人のことを'''ラッパー'''(rapper)や'''[[MC (音楽ヒップホップ)|MC]]'''と言う。
 
==語源==
誕生の場は[[1960年代|1960]]~[[1970年代|70年代]]、[[アメリカ合衆国|アメリカ]][[ニューヨーク]]でみられたブロック・パーティーだと言われるが、古くはアフリカン・[[グリオ]]([[文盲]]者に口伝で歴史や詩を伝える者達)にそのルーツが見られ、[[マルコムX]]や[[キング牧師]]といった政治的指導者のスピーチも大きく影響を与えている。[[モハメド・アリ]]のインタビューなどで見られた言葉遊びによって、より広まったといわれる。レゲエにおけるトースティングにも影響を受けていると考えられており、トースティングが[[レコード]]に収録されている[[インストゥルメンタル]]に乗せて行うように、[[ディスクジョッキー#ヒップホップDJ|DJ]]がプレイする[[ブレイクビーツ]]に乗せて行ったのが初期のラップの形だと考えられている。あらかじめ用意した歌詞(リリック)ではなく、即興で歌詞を作り、歌詞とライムの技術を競う[[ラップ#関連用語|フリースタイル]]もある。
 
また「ラップする者」を意味するラッパー(rapper)は[[1979年]][[シュガーヒル・ギャング]]の[[シングル]]「ラッパーズ・デライト(Rapper's Delight)」のヒット以降[[メディア (媒体)|メディア]]が付けた通称で、この呼び名を嫌がり、特に[[ヒップホップ|オールド・スクール]]世代の「ラップする者」は[[Run-D.M.C.]]が名付けた[[MC (音楽ヒップホップ)|MC]](microphone controller)という名称を好んで使う。{{要出典範囲|日本人の「ラップする者」は、「ラッパー」という呼称を嫌う者が多い。|date=2008年10月13日}}ヒップホップ発祥のアメリカでは、ニュー・スクール世代には「ラッパー」という呼称も最近は普通に使われる。日本でも若い世代には定着しており、自分のことを「ラッパー」と言う者が増えてきている。
 
==日本におけるラップ==
*フリースタイル(free style) - ある程度即興でリリックを考え、ラップすること。フリースタイルバトルでは、お互いがリリックの内容で攻撃し合う。実際の大会では、有能な対戦相手の弱点を研究し、対策リリックをある程度作ってから望むこともある。一方で特に即興性の高いものは'''トップ・オヴ・ザ・ヘッド'''と呼ばれる。 フリースタイルのイベント・大会等も開催されている。海外アーティストではJINなどがフリースタイル大会の出身者である。
* ビーフ(beef) - アーティスト間の論争、(非物理的な)喧嘩の事。昔、アメリカで[[ウェンディーズ]]の[[コマーシャルメッセージ|CM]]でおばさんが[[マクドナルド]]のハンバーガーを食べて「Where is beef?」といったのが語源らしい。
*ワック(wack) - スラングで不出来な、あるいは偽物の意。「ワック[[MC (音楽ヒップホップ)|MC]]」等、他のアーティストをディスる(批判する)時に使用する。
*マイクリレー(mic relay) - 複数のMCが決められた小節を担当し、楽曲をつないでいくこと。
 
426

回編集