「体験版」の版間の差分

(重複記述整理・加筆など)
体験版のほとんどは無料であるが、これに製品版と比べて安価な料金を課す場合も見られる。これを有料体験版あるいは有償体験版と呼ぶ。多くは上記不完全版の状態でありながら、体験版配布のための出費を抑えつつ、製品版の質を向上させるために行われる。ユーザーから安価ながらも金銭を得た上で不完全な製品を提供する形だが、動作や不具合について無保証なのが一般的である。
 
ちなみに、製品版として一度世に送り出されたものであっても製品の品質が悪く[[パッチ]]による修正が続くなどした場合、「ユーザに金を払わせて[[バグ]]探しをさせるソフト」という皮肉を込め、ユーザーから「有料体験版」と揶揄されることがある。
 
== 頒布形態 ==
匿名利用者