「リバースグリッド」の版間の差分

編集の要約なし
通常レーススタート時の車の並ぶ順番は、事前に行われる予選でのタイムの速い順となるのが一般的である。しかしその場合、予選タイムの最も速い車が[[ポールポジション]]を得るため、その車がスタートを失敗するか、もしくは何かアクシデントが起きない限りそのまま先頭を独走してしまう可能性が高く、興行としてのレースの面白みが薄れてしまう。そこで純粋な速さを競うよりも、興行としてのレースの面白さを優先させた結果生まれたのがリバースグリッドである。
 
リバースグリッドでは予選タイムの速い車がレーススタート時に後方の位置([[グリッド (モータースポーツ)|グリッド]])に配置される。その状態でレースが始まると、前方にいる車よりも後方の車の方が絶対的な速さで上回っていることから、必然的にコース上での追い越し(パッシング[[オーバーテイク]])が増えることになる。さらに遅い前の車を追い抜こオーバーテイクしようとする後方の車と、何とかして抜かれまいとする前方の車との間の駆け引き[[バトル]]なども楽しめることから、興行としての面白みが増すというメリットがある。
 
しかし、かといって予選タイムの速い車をあまりにも後方のグリッドに配置すると、その車が前方の車を追い抜くのにもたつい手間取っている間に前方の(予選タイムの遅い)車が逃げ切ってしまうため、最終的なレース結果が正当なドライバーやマシンの実力を反映しないものになってしまう。また、前方のグリッドを得るために予選でわざと手を抜く(三味線を弾く)ドライバーが増える可能性もある。
 
そのため実際にレースでリバースグリッドを採用する場合は、
 
*適用する範囲をレギュレーションで限定する。(その範囲を予選タイムの上位8が1~8番手程度に限る(つでであれば、予選タイム1位の車は8番目のグリッドからスタートする
*1回の興行で2レースを行い、1レース目は通常のグリッド配置、2レース目はリバースグリッドでスタートする([[世界ツーリングカー選手権]]、[[フォーミュラ・ニッポン]]等で採用)
**さらにこの場合、1レース目と2レース目で結果に対して与えられるポイントに差をつけることも多い(通常1レース目の方が2レース目よりも多くなる)。
 
==リバースグリッドを採用している主なカテゴリー==
===現在使の採===
*[[GP2]]
*[[世界ツーリングカー選手権]]
[[オートレース]]のスタートにおける[[ハンデキャップ]]制([[ハンデレース]])も、リバースグリッドとは異なるが、基本的な発想としては共通のものといえる。
 
===過去に使の採===
*[[ドイツツーリングカー選手権]]([[2005年]]まで)
 
==関連項目==
*[[モータースポーツ]]
*[[グリッド (モータースポーツ)]]
 
[[Category:モータースポーツ用語|りはすくりつと]]
510

回編集