メインメニューを開く

差分

style
 
'''ハリガネムシ'''とは[[類線形動物門]]ハリガネムシ綱(線形虫綱)ハリガネムシ目に属する生物の総称。
ミミズや線虫などと違って体に伸縮性がなくのたうち回るような特徴的な動き方をする。
体は左右対称で、種類によっては体長数cmから1mに達し直径は1~3ミリと細長い。内部には袋状の体腔がある。
表面は[[クチクラ]]で覆われていて体節はない。
[[カマキリ]](主に[[ハラビロカマキリ]]に寄生)やバッタ、ゴキブリ等といった昆虫類の[[寄生虫]]として知られている。
地方によっては「ゼンマイ」とも呼ばれる。アメリカでは馬を洗う為に使う水桶の中から発見されたことから''horsehair worm''という俗称がある。
 
ミミズや線虫などと違って体に伸縮性がなくのたうち回るような特徴的な動き方をする。体は左右対称で、種類によっては体長数cmから1mに達し直径は1~3ミリと細長い。内部には袋状の体腔がある。表面は[[クチクラ]]で覆われていて体節はない
:なお、[[ジャガイモ]]や[[ダイコン|大根]]などの[[害虫]]として知られている「ハリガネムシ」は本種ではなく、[[コメツキムシ]]の仲間のマルクビクシコメツキ、クロクシコメツキ、クシコメツキ、トビイロムナボソコメツキ、コガネコメツキ等の幼虫である。
 
[[カマキリ]](主に[[ハラビロカマキリ]]に寄生)やバッタ、ゴキブリ等といった昆虫類の[[寄生虫]]として知られている。
地方によっては「ゼンマイ」とも呼ばれる。アメリカでは馬を洗う為に使う水桶の中から発見されたことから''horsehair worm''という俗称がある。
 
:なお、[[ジャガイモ]]や[[ダイコン|大根]]などの[[害虫]]として知られている「ハリガネムシ」は本種ではなく、[[コメツキムシ]]の仲間のマルクビクシコメツキ、クロクシコメツキ、クシコメツキ、トビイロムナボソコメツキ、コガネコメツキ等の幼虫である。
 
==生活史==
水中に産卵された卵は孵化し、その幼虫は水と一緒に飲み込まれ水生昆虫に寄生する。
その宿主である水生昆虫が[[カマキリ]]などの陸上生物に捕食されると、その体内で寄生生活をおくり成虫になる。
成虫になると何らかの方法で宿主から出て、池や沼、流れの緩やかな川などの水中で自由生活し、交尾・産卵を行なう。陸上生物に寄生した場合は水中に脱出する機会に恵まれず陸上でそのまま乾燥してしまうケースも少なくない。乾燥すると外見が錆びた鉄の針金のようになり、硬くなるが水を浴びたりすると元に戻る。<ref>かつて[[投稿!特ホウ王国]]では水に入れると、動き出す謎の生物として紹介されたことがある。</ref>
 
ハリガネムシは宿主を水辺へ向かうよう仕向け身体を破って外へ出るのだ<ref>[[探偵ナイトスクープ]]で実際にカマキリから出てくる映像が収録されたこともある。</ref>が、このメカニズムに関しては未だ不明な点が多い。一説によると宿主に自殺を誘発させる物質により水辺へと誘うのだと言われているが現段階ではまだ研究中の領域である。
ちなみに、フランスOPMグループの研究者によると
フランスOPMグループの研究者によると「ハリガネムシが寄生しているバッタの脳からは、寄生されていないバッタにはないタンパク質が見つかった。そのうちいくつかは神経伝達物質の活動に関係するもので、そのほか重力走性に関係するタンパク質があった」と報告されている
 
そのうちいくつかは神経伝達物質の活動に関係するもので、そのほか重力走性に関係するタンパク質があった」
一般的に寄生生物は宿主と運命を共にするがハリガネムシの場合、宿主が上位の生物に捕食される場合も宿主の体外に出ようとすると言われている。
と報告されている。
 
一般的に寄生生物は宿主と運命を共にするがハリガネムシの場合、宿主が上位の生物に捕食される場合も
宿主の体外に出ようとすると言われている。
 
*カマキリのほかには[[カマドウマ]]やバッタにも寄生する。
乾燥すると外見が錆びた鉄の針金のようになり、硬くなるが水を浴びたりすると元に戻る。かつて[[投稿!特ホウ王国]]では水に入れると、動き出す謎の生物として紹介されたことがある。
*また、昆虫だけではなく[[イワナ]]などの魚の内臓に寄生したりする場合もある。
 
*[[ヒト]]への寄生例が数十例あるようだが、いずれも偶発的事象と見られている。ハリガネムシを手に乗せると、爪の間から体内に潜り込むと言われることがあるが、全くの俗説で、成虫があらためて寄生生活にはいることはない。
また[[探偵ナイトスクープ]]で実際にカマキリから出てくる映像が収録されたこともある。
 
==脚注==
*カマキリのほかには[[カマドウマ]]やバッタにも寄生する。
{{reflist}}
*また、昆虫だけではなく[[イワナ]]などの魚の内臓に寄生したりする場合もある。
*[[ヒト]]への寄生例が数十例あるようだが、いずれも偶発的事象と見られている。
*ハリガネムシを手に乗せると、爪の間から体内に潜り込むと言われることがあるが、全くの俗説で、成虫があらためて寄生生活にはいることはない。
 
==外部リンク==
*[http://zoo2.zool.kyoto-u.ac.jp/ethol/showdetail.php?movieid=momo041015ns01b&embed=on カマキリから脱出するハリガネムシ]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:寄生虫|はりかねむし]]}}
[[Category:寄生虫]]
{{Animal-stub}}
 
匿名利用者