「青崩峠」の版間の差分

編集の要約なし
'''青崩峠'''(おくずれとうげ)は[[静岡県]][[浜松市]][[天竜区]]と[[長野県]][[飯田市]]の間にある[[標高]]1,082[[メートル|m]]の[[峠]]である。[[国道152号]]の[[点線国道]]区間で未通区域となっている。峠付近の地質構造は、[[中央構造線]]による[[破砕帯]]となっており、山腹に広がるむき出しになった青い岩盤から峠の名が付けられた。静岡県側・長野県側ともに、国道152号の端点から林道、遊歩道(かつての[[塩の道]])を歩いて峠にたどり着くことができる。
 
大型以外の車両は隣接する[[兵越峠|兵越]]林道を使用することにより迂回が可能。
{{coor title dms|35|15|14|N|137|54|40|E|TYPE:CITY}}
 
{{DEFAULTSORT:おくすれとうけ}}
[[Category:中部地方の峠]]
[[Category:静岡県の地理]]
94

回編集