「大脳基底核」の版間の差分

== 主要な神経回路 ==
[[画像:Basal-ganglia-2.jpg|thumb|right|250px|図3 大脳基底核を取り巻く神経回路の相関模式図。グルタミン酸作動経路は赤、ドーパミン作動性経路は青、GABA作動性経路は緑で示す。Kotex : 大脳皮質。Striatum : 線条体。SNC : 黒質緻密部。GPI : 淡蒼球内節。SNR : 黒質網様部。GPE : 淡蒼球外節。STN : 視床下核。Thalamus : 視床。]]
* 下記のように大脳皮質→大脳基底核→視床→大脳皮質というループが形成されている。[[運動野]]([[一次運動野]]・[[補足運動野]]・[[運動前野]]、[[ブロードマンの脳地図]]のそれぞれ4と6)から始まって運動野に戻るループを'''運動系ループ'''(motor loop)と呼び、四肢の運動をコントロールしているといわれる。同様なループが、大脳皮質のうち[[前頭前野]]・[[前頭眼野]]・辺縁皮質などを起点にして始まっており、それぞれ'''前頭前野系ループ'''(prefrontal loop)・'''眼球運動系ループ'''(oculomotor loop)・'''[[大脳辺縁系|辺縁系]]ループ'''(limbic loop)と呼ばれる<ref>{{cite journal
| last =
| first =
| accessdate =
| curly = c
}}</ref>。神経解剖学的な知見に基づいて、これらの4つのループは、互いに相互の連絡が乏しく、並列処理回路であると考えられている。
}}</ref>。
 
* 線状体からのニューロンには直接路にかかわるものと間接路のそれがあるが、直接路のニューロンは[[ドーパミン受容体|ドーパミンD1受容体]]を、間接路のニューロンはドーパミンD2受容体を持っている。そのため黒質緻密部からのドーパミン作動性ニューロンによる投射は、直接路には興奮性に、間接路には抑制性に働く。
2,131

回編集