「第一飛騨川橋梁」の版間の差分

*橋脚は切石積であるが、鉄筋コンクリートを巻くことで補強が行なわれている。
*飛騨川に架かる高山本線の橋梁は、24箇所(第一から第三飛騨川橋梁と第一から第二十一益田川橋梁)存在する。途中で飛騨川でなく益田川になっているのは、かつて飛騨川の名称は[[美濃国]]で使用された名称であり、[[飛騨国]]では益田川と呼称していたからである。第一から第三飛騨川橋梁は旧美濃国の加茂郡白川町であるが、第一から第二十一益田川橋梁は旧飛騨国の[[下呂市]](旧[[益田郡]][[金山町 (岐阜県)|金山町]]、[[下呂町]]、[[萩原町]]、[[小坂町 (岐阜県)|小坂町]])、[[高山市]](旧[[大野郡 (岐阜県)|大野郡]][[久々野町]])である。
*1983年9月に発売されたEP[[鳳しん也]]([[しんや修一]]『高山本線』のジャケット写真に第一飛騨川橋梁を渡るキハ82系の特急ひだが採用されている。2003年9月21日に[[鳳しん也]]と改名後にCDシングルとして発売された際にはこの鉄橋を渡るワイドビューひだの写真が採用された。
 
{{DEFAULTSORT:たいいちひたかわきようりよう}}
匿名利用者