「池田政胤」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''池田 政胤'''(いけだ まさたね、[[宝永]]3年([[1706年]]) - [[明和]]3年[[2月4日 (旧暦)|2月4日]]([[1766年]][[3月14日]]))は[[江戸時代]]の[[旗本]]。[[池田政相]]の子。[[幼名]]は吉之丞、[[通称]]は数馬。妻は[[池田政応]]の娘。子に[[池田政永]]、又次郎(早世)、娘([[池田政倫]]の養女となり、[[池田長恵]]の妻となる)、養女([[大岡忠恒 (旗本)|大岡忠恒]]の娘。初め池田政永の妻となり、政永の死後、政胤の養女となり、[[池田政能]]の妻となった)がいる。
 
宝永3年(1706年)生まれる。[[元文]]3年([[1738年]])[[6月2日 (旧暦)|6月2日]]、父の遺跡を継ぐ。[[宝暦]]8年([[1758年]])[[5月15日 (旧暦)|5月15日]]、[[書院番]]の[[組頭]]となる。同12年([[1762年]])[[5月24日 (旧暦)|5月24日]]に職を辞し、[[明和]]3年([[1766年]])に61歳で死去。跡を[[養子]]の[[池田政能]]が継いだ。
 
{{People-stub}}
{{DEFAULTSORT:いけた まさたね}}
[[Category:池田氏|まさたね]]
[[Category:1706年生]]
[[Category:1766年没]]
{{Peoplepeople-stub}}
{{Japanese-history-stub}}
匿名利用者