「オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク」の版間の差分

編集の要約なし
 
==経歴==
当時流行の[[テクノ・シンセポップ]]のユニットとして[[1980年]]にデビュー。「エノラ・ゲイの悲劇」がヒットする。この曲は日本ではテレビ番組「[[CNNデイウォッチ]]」のテーマ曲として使われたことでも知られた。[[1986年]]には「イフ・ユー・リーブ」、[[1993年]]には[[バリー・ホワイト]]の「愛のテーマ」をサンプリングした「Dream on Me」のヒットも放っている。
 
Architecture&Morality所収の「オルレアンの少女」Joan of Arc (Maid of Orleans)は大幅なアレンジを施されてテレビ番組「[[国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉]]」のエンディングテーマとして使用されているが、権利関係、演奏者等の詳細は不明である。ちなみに同曲は「メイド・オブ・オルレアン」と紹介されることもあるが、あえて指摘すれば「メイド・オブ・オーリーンズ」という方が適切かもしれない。
 
メンバーはドイツのテクノ[[シンセポップ]]バンドである[[クラフトワーク]]から大きな影響を受けており、一般受けするポップミュージックを発表しながらも、"Dazzle Ships"等といった実験的なアルバムも制作した。
 
==ディスコグラフィー==
匿名利用者