「ペンタコルド」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (robot Adding: et:Pentakord)
m編集の要約なし
{{クラシック音楽}}
'''ペンタコルド'''(『ペンタコード』とも[[ギリシャ語]]:'''''Pentachord'''''<!-- 、''penta''=『5』、''chord''=『弦』 -->)とは、[[音階]]または[[音列]]中の(連続した)5音からなる部分のこと。たとえば、[[全音階]]においては"ド、レ、ミ、ファ、ソ。たとえば"あるいは"レ、ミ、ファ、ソ、ラ。たとえば、ミ、ファ、ソ、ラ、シ。[[ギリシャ語]]の"はペンタ(5)コルド(弦)よりである
 
(なお、全音階は、[[移調]]してもお互いが重なり合わないようなペンタコルドを、全部で(7個ではなく)5個だけ含んでいる。
2個少なくなるのは、"ド、レ、ミ、ファ、ソ"と"ソ、ラ、シ、ド、レ"、"レ、ミ、ファ、ソ、ラ"と"ラ、シ、ド、レ、ミ"は、それぞれ移調によりピタリと重なり合わせられるので同一視されるためである。)
 
==関連項目==
* [[旋法]]
[[旋法]]、[[トリコルド]]、[[テトラコルド]]
* [[トリコルド]]
* [[テトラコルド]]
 
{{classic-stub}}
[[Category:音楽理論|へんたこると]]
720

回編集