「フォーミュラチャレンジ・ジャパン」の版間の差分

[[フォーミュラ・ニッポン]]を主催する日本レースプロモーションと、[[トヨタ自動車|トヨタ]]・[[日産自動車|日産]]・[[本田技研工業|ホンダ]]という日本を代表する自動車メーカー3社が共同で、「世界に通用する若手ドライバーの育成」をテーマに発足させたシリーズである。
 
シリーズにはメーカー3社から資金面でサポートが行われており、その結果参戦するドライバーが支払う参加費は2009年の場合で年間892.5万円と、従来の同等クラスである[[フォーミュラ・トヨタ]]や[[フォーミュラ・ドリーム]]に比べ割安に押さえられている<ref>フォーミュラ・ドリームの場合、年間パッケージで約1200万円必要(さらに別途保証金も必要)。ただし上位入賞すると賞金が出る。</ref>。ただしシリーズ発足当初に比べると徐々に参加費が値上がりしており、割安感はやや薄れてきている<ref>2006年は年間500万円、2007年は年間600万円、2008年は年間840万円だった。なお2007年までは別途150万円の保証金が必要だったが、2008年からは保証金込みの金額となっている。</ref>。一方でその代償として、シリーズに参加を希望するドライバーに対して行われる審査において、各メーカーの育成プログラムに組み込まれているドライバーが優先される(このことは主催者よりあらかじめ告知されている)ほか、賞金はない。また若手ドライバー育成が主目的のため、参加ドライバーは原則として26歳未満に限られている<ref>参加枠に空きがある場合はその限りではない</ref>。
 
マシンは[[フォーミュラ・ルノー]]用マシンをベースに新たに開発された専用シャシー<ref>ということになっているが、実体はフォーミュラ・ルノー用マシンそのままといわれる。</ref>「FC106」([[イタリア]]・[[タトゥース]]社製)を使用し、エンジンは[[ルノー]]製の2リッター・4気筒(エンジンメンテナンスは[[ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル|NISMO]]が担当)。タイヤは[[ダンロップ]]の[[ワンメイク]]。このためコントロールタイヤの開発は、ダンロップのワークスドライバーである[[服部尚貴]]が中心になって行われており、服部はシリーズ全体のアドバイザーも務めている。
 
シリーズ運営に当たっては「マシンの個体差によりレース結果に影響が出ることを避けるためにマシンを定期的にシャッフルする」、「エンジンをオーバーレブさせると、その後一定時間エンジンの最高回転数が引き下げられる(ペナルティシステム)」など、フォーミュラ・ドリームの仕組みを踏襲している部分が多い。
19,370

回編集