「伊那木曽連絡道路」の版間の差分

編集の要約なし
m (bot:sty)
{{Ja_Route_Sign|361|align=left}}
'''伊那木曽連絡道路'''(いなきそれんらくどうろ)は、[[長野県]][[伊那市]]と[[木曽郡]][[木曽町]]を結ぶ全長約20kmの[[地域高規格道路]]([[国道361号]])。1994年12月16日計画路線に指定された。[[国道361号]]の車両通行不能区間の解消と伊那地域と木曽地域の交流を目的として建設が進められている。2006年2月4日の[[権兵衛峠道路]]および[[姥神峠道路]]の姥神トンネル以東区間の開通により、主要部が全通し、伊那・木曽間の通年通行が可能となった。
 
匿名利用者