「付き馬」の版間の差分

編集の要約なし
(「乗り物が必然だが、たいていの人は徒歩だった」は変。吉原への交通手段として船を追記。少し整理。)
編集の要約なし
'''付き馬'''(つきうま)'''は、[[古典落語]]の演目の一つ。遊郭の従業員が詐欺にあう話。原話は[[元禄]]5年([[1692年]])に出版された[[笑話本]]・「噺かのこ」の第四巻、「薬屋にて人参を騙りし事」。
 
別題は「早桶屋」。『廓話』の一つであり、その構成から『泥棒噺』の要素も兼ねている。主な演者として、[[三笑亭可楽#8代目|8代目三笑亭可楽]]や[[古今亭志ん生 (5代目)|5代目古今亭志ん生]]など。
*『[[紋三郎稲荷]]』:ひょんなことから狐と間違われた侍が、そのまま狐になりきって宿代をタダにしてしまう。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:落語の演目|つきうま]]}}
[[Category:落語の演目]]
匿名利用者