「井口時男」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''井口 時男'''(いぐち ときお、[[1953年]][[2月3日]] - )は、[[日本]]の[[文芸評論家]]。[[新潟県]]生まれ。[[東北大学]][[文学部]]卒。現・[[東京工業大学]][[教授]]
 
[[1983年]]、[[中上健次]]論「物語の身体」で[[群像新人文学賞]]評論部門受賞。[[1987年]]7月、最初の著作『物語論/破局論』を論創社から上梓。[[1990年]]12月、[[東京工業大学]][[助教授]]となる。現在[[教授]]。[[1994年]]、[[椎名麟三]]論『悪文の初志』で[[平林たい子文学賞]]受賞、[[1997年]]、『[[柳田國男]]と近代文学』で[[伊藤整文学賞]]受賞。[[2003年]]3月からの『[[新潮]]』の連載(『危機と闘争』)で、元東工大教授だった文芸評論家[[川嶋至]]の死を文藝雑誌が黙殺したと指摘した。