「W65T」の版間の差分

メインディスプレイには2.8[[インチ]]の[[有機EL]]が使われているが、同時に発表された[[エクシリム#EXILIMケータイ|EXILIMケータイ]] [[W63CA]]や[[Woooケータイ]] [[W63H]]で採用された高解像度のワイド[[VGA]]ではなく、従来通りのワイド[[QVGA]]である。
 
また、本端末は業界で初めて[[AAC]]・320kbpsによる高音質の携帯電話向け新音楽配信サービスのEZ「着うたフルプラス」に対応した(記念すべき)音声用端末でもある。
 
==沿革==
匿名利用者