「長義和」の版間の差分

編集の要約なし
(リダイレクト解消等)
'''長義和'''(ちょう よしかず。[[19551953]][[10月3日]]- )は元[[自転車競技]]選手。[[大阪府]]出身。[[大阪府立城東工科高等学校]]を経て、[[法政大学]]卒業後、島野工業(現[[シマノ]])に入社。
 
後述するが、モスクワオリンピックに関する悲劇の選手としてよく言及される。
*[[1976年]] - [[モントリオールオリンピック]]・スクラッチ(現[[スプリント]])種目において、日本人選手としてオリンピック大会史上初めて自転車競技で6位入賞を果たす。
*[[1977年]] - [[日本競輪学校]]第41期に合格するも、3年後に開催される[[モスクワオリンピック]]への夢が断ち切れず、競輪学校入学を辞退。当時競輪学校の受験資格年齢条件が24歳未満であったことから、このことはモスクワオリンピック後における競輪選手への道は閉ざされたことを意味した。
*[[1979年]] - 長は[[プレオリンピック]]大会のスクラッチで3位に入り、俄然、翌年に開催されるモスクワオリンピックのメダル候補に上がる。
*[[1980年]][[5月24日]] - [[1979年]]12月に発生した[[ソビエト連邦|ソ連]]の[[アフガニスタン侵攻 (1979)|アフガニスタン侵攻]]にかかる問題で、[[アメリカ合衆国]]がモスクワオリンピックへのボイコットを西側諸国を中心に呼びかけたことに対し、[[日本政府]]が同調する動きになったことを受けて[[JOC]]総会の投票で日本の同大会ボイコットが決まり、翌月不参加が承認された。もはや競輪選手への道すらない長はこのボイコットをもって現役から退かざるを得なくなった<ref>モスクワ大会の日本勢のメダル候補といえば柔道の[[山下泰裕]]やマラソンの[[瀬古利彦]]、さらに女子[[バレーボール]]チーム、ボイコット決定の瞬間、号泣に暮れたことで有名となったレスリングの[[高田裕司 (レスリング選手)|高田裕司]]などが挙げられるが、これらの選手及びチームは次の[[ロサンゼルスオリンピック (1984年)|ロサンゼルスオリンピック]]には出場することが可能であった。</ref><ref>4年後のロサンゼルスオリンピックでは[[坂本勉]]がスプリントで銅メダルを獲得、日本自転車競技史上初のオリンピックにおけるメダル獲得となっている。</ref>。ボイコットの知らせを聞いた長は'''「全身から血が引いてゆくようです。」'''という言葉を残している。
 
== エピソード ==
*モスクワオリンピック開催直前当時、プロのスプリントの王者は[[中野浩一]]で、くしくも長と同じく1955年生まれ。
*中野の[[世界自転車選手権]]10連覇は[[ステートアマチュア]]と言われた[[東ヨーロッパ|東欧]]勢が参加できないことによるところが大きいといわれているが、当時の自転車関係者の間では、中野の敵はもっと身近なところにいると言われたのが長であり、仮に長がモントリオールオリンピック後に競輪界入りしていたならば、中野の連覇記録は10も行っていないだろうという声が一部にある。
*長は中野と同じく「ナガサワ」のフレームを使用していた。
*長が辞退した競輪学校第41期には、後に中野、[[滝澤正光]]と並び競輪界の三強を形成することになる[[井上茂徳]]がいた。
*年齢制限にひっかかるからといって日本アマチュア界の第一人者をどうして競輪界は受け入れてやらないのかという声も一部にはあったが、当時の競輪界は規則一点張りで半ば聞く耳を持たずの状態で、長の一件があって以降も競輪学校の受験資格条件は変えられることがなかった。ところが五輪メダリストの[[清水宏保]]が後に長野オリンピック後に競輪界入りを希望しながらも年齢制限にひっかかり(当時24歳)受験さえできなかったことが分かってマスコミで大々的に問題視されると、漸く競輪界は受験資格の一部変更に踏み切り、また93期以降より競輪学校の受験資格に年齢の上限はなくなった。
*長は現役引退後、島野工業の一社員として当時の社長であった[[島野尚三]]の命を受け、ブレーキ部分にシフトレバーを組み込む(デュアルコントロールレバー)開発に携わるなどして、「世界のシマノ」ブランドの形成の一翼を担った。
*現在は[[和歌山県]][[田辺市]]で自営。
 
[[category:日本の自転車選手]]
[[category:オリンピック自転車競技日本代表選手]]
[[category:1953年生]]
21,763

回編集