「西江寺 (箕面市)」の版間の差分

史実と伝承の区別、未立項記事へのリンク除去、その他細部の推敲
(曖昧さ回避)
(史実と伝承の区別、未立項記事へのリンク除去、その他細部の推敲)
{{Otheruses|大阪府箕面市にある西江寺(さいこうじ)|愛媛県宇和島市にある西江寺(せいごうじ)|西江寺 (宇和島市)}}
{{日本の寺院
|名称 = 西江寺
|所在地 = [[大阪府]][[箕面市]]箕面2-5-27
|位置 = {{ウィキ座標2段度分秒|34|50|14.114|N|135|28|11.953|E}}|
|山号 = <!--「聖天宮西江寺」は山号でない-->
|宗派 = [[高野山真言宗]]
|本尊 = 大聖歓喜天
|創建年 = (伝)[[658年]]([[<!--658年は斉明天皇]]2年でない-->
|開基 =
|正式名 = 聖天宮西江寺
|別称 = 聖天宮西江寺
|札所等 =
|文化財 =
|}}
'''西江寺'''(さいこうじ)は、[[大阪府]][[箕面市]]箕面公園にある[[高野山真言宗]]の寺。山号は、聖天宮西江寺(しょうてんぐうさいこうじ)とも称する。[[箕面滝]]に行く途中にある。地元では「みのおの聖天さん」と呼ばれ親しまれている。
 
地元の住民からは、「みのおの聖天さん」と呼ばれ、親しまれている。
 
==歴史==
寺伝によれば、[[658年]]に[[役小角]](役行者]]によって開山されたという役行者がある日、光の中から老翁に化身した大聖歓喜天が現れ、役小角はこの箕面山を日本最初の歓喜天霊場とし、それから鎮座したという。
 
これまでかつては、摂津国神宮寺と称していたが、[[明治時代]]末期に聖天宮西江寺と改称した。
 
本堂には[[役行者]]と伝承する大聖歓喜天が祀られている。また、[[室町時代]]中期に作られたと伝えられる[[大黒天]]も祀られている。<!--の大黒天より姿が違う立像大黒天でもある。--><!--立像の大黒天は特に珍しくない-->
 
また、[[室町時代]]中期に作られたと伝えられる[[大黒天]]も祀られ、従来の大黒天より姿が違う立像大黒天でもある。
 
==年中行事==
==外部リンク==
*[http://www.nanokaichi.com/saikouji/index.html 聖天宮西江寺公式ホームページ]
 
== 関連項目 ==
*[[日本の寺院一覧]]
 
{{DEFAULTSORT:さいこうし}}