「歩兵砲」の版間の差分

m
見出しレベルの修正
m (見出しレベルの修正)
歩兵砲の射程や威力は、砲兵の用いる同クラスの口径の榴弾砲よりも小さい場合が多いが、これは敵陣に対する直接射撃など比較的近距離で用いられることと、歩兵科と砲兵科の管轄争いの結果によるものである。砲兵科の領分を侵さない程度に性能が抑えられたものであり、その程度は各国陸軍部内における両兵科の発言力によって異なる。また[[山砲]]は分解搬送が容易で比較的軽量であることから、歩兵砲用途にも適しており、旧式化した山砲を歩兵科に融通転用した例も少なくない。
 
===ベルギー===
*[[W:EN:Canon de 76 FRC|Canon de 76 FRC]]
 
===フランス===
*[[M1916 37mm歩兵砲]]
 
===ドイツ===
*[[W:EN:7.5cm_leichte_Infantriegeschutz_18|7.5cm Infanteriegeschütz ?? "L/13"]]
*[[7.5 cm leIG 18]]
*[[W:EN:Canon de 76 FRC|7.6cm IG 260(b)]]
 
===日本===
*[[十一年式平射歩兵砲]]
*[[十一年式曲射歩兵砲]]
*[[九七式曲射歩兵砲]]
 
===ソ連===
*[[M1927 76mm歩兵砲]]
*[[M1943 76mm歩兵砲]]
 
===アメリカ===
*[[M3 105mm榴弾砲]]
 
 
{{weapon-stub}}
 
[[Category:歩兵砲|*]]
{{weapon-stub|ほへいほう}}
 
[[en:Infantry_support_gun]]