「中里恒子」の版間の差分

編集の要約なし
 
==著書==
*乗合馬車 小山書店, 1939
*鵞鳥の花 甲鳥書林, 1940
*野薔薇 実業之日本社, 1940
*生きる土地 実業之日本社, 1941
*常夏 全国書房, 1942
*海辺の少女 小学館, 1943
*春の鳥 湘南書房, 1947 (新日本少年少女選書)
*孔雀 細川書店, 1947
*夕牡丹 角川書店, 1947
*生きる土地 講談社, 1948
*純潔について 池田書店, 1950
*晩歌 池田書店, 1951
*若き葡萄 中央公論社, 1954
*夜の橋 河出書房, 1956
*天使の季節 文芸春秋新社, 1959
*鎖 中央公論社, 1965 のち文庫
*此の世 河出書房新社, 1972
*閉ざされた海-中納言秀家夫人の生涯 講談社, 1972 のち文庫、文芸文庫
*歌枕 新潮社, 1973 のち講談社文芸文庫
*わが庵 文芸春秋, 1974
*花筐 新潮社, 1975
*土筆野 文芸春秋, 1975
*気のながい話 河出書房新社, 1975
*朧草子 文芸春秋, 1976
*往復書簡 [[宇野千代]]と 文芸春秋 1976 のち講談社文芸文庫
*中納言秀家夫人の生涯 講談社, 1976
*往復書簡 [[宇野千代]]と時雨の記 文芸春秋, 19761977 のち文庫
*時雨ダイヤモンド 文芸春秋,講談社 1977
*うつつ川 新潮社 1978
*ダイヤモンドの針 講談社, 1977
*うつつ川誰袖草 新潮社,文芸春秋 1978
*仮寝の宿 中公文庫 1979
*誰袖草 文芸春秋, 1978
*鶏の声 北洋社, 1979
*百万 文芸春秋, 1979
*わが今昔ものがたり 中央公論社, 1979
*'''中里恒子全集''' 全18巻 中央公論社, 1979-81
*南への道 文芸春秋, 1980
*水鏡 文芸春秋, 1981
*青い炎 文芸春秋, 1982
*不意のこと 中央公論社, 1982
*家の中 講談社, 1982
*関の戸 文芸春秋, 1984
*鱗錦の局、捨文 中央公論社, 1984
*綾の鼓 文芸春秋, 1985 のち文庫
*日常茶飯 日本経済新聞社, 1986
*回転椅子 文芸春秋, 1986
*忘我の記 文芸春秋, 1987 のち文庫
*松風はかへらず 文芸春秋, 1988
 
{{Writer-stub|なかさと つねこ}}
匿名利用者