「御史」の版間の差分

m
編集の要約なし
(新しいページ: ''''御史'''(ぎょし)は前漢以降の官職名。 前漢においては、副宰相である御史大夫に所属し、定員45人で...')
 
m
'''御史'''(ぎょし)は[[秦]]、[[前漢]]以降の官職名。
 
前漢においては、副宰相である[[御史大夫]]に所属し、定員45人であった。そのうち15名は[[侍御史]]と呼ばれて殿中におり、二人の丞(副官)のうちの一人である[[御史中丞]]に統率された。残りに30人は御史大夫の役所に居た。
 
御史は[[秩石|秩]]600石で、百官の事を仕事とした。
1,089

回編集