「ダウンクォーク」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: ms:Kuark turun)
編集の要約なし
'''ダウンクォーク'''は -1/3[[電気素量|e]] の[[電荷]]を持つ、第一世代の[[クォーク]]である。記号は、'''d'''。ダウンクォークは二番目に軽いクォークであり、裸の[[質量]]は 4~8 MeV。[[素粒子物理学]]における[[標準モデル]]では、[[アップクォーク]]と共に[[核子]]の構成要素となっている。すなわち、[[陽子]]はアップクォーク2個とダウンクォーク1個、[[中性子]]はアップクォーク1個とダウンクォーク2個で構成されている。(注:核子の質量の大部分はクォークを結合している[[グルーオン]][[場]]のエネルギーに由来しており、クォークの質量そのものではない)
 
クォークの存在は[[マレー・ゲルマン|ゲルマン]]と[[ジョージ・ツワイク|ツワイク]]が[[1964年]]にクォークモデルを提唱した時に予言され、最初の証拠は[[1967年]]に [[SLAC]] の[[深非弾性散乱実験]]でアップクォークと共に確認された。
 
== 関連項目 ==
2,166

回編集