「定数群体」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: ca:Cenobi (biologia))
[[Image:Eudorina sp.jpg|right|240px|thumb|ユードリナの群体]]
'''定数群体'''(ていすうぐんたい Coenobium)とは、[[単細胞生物]]的細胞からなる特殊な[[群体]]の型である。'''細胞群体'''とも言われる。
 
== 概説 ==
[[Image:Eudorina sp.jpg|right|240px|thumb|ユードリナの群体]]
群体とは、一般には[[無性生殖]]で増えた[[個体]]が独立せず、互いの連結を持ったままで集団をなしたものである。植物の場合、株立ちなどもそのようなものではあるが、これを群体と呼ぶことはない。藻類では、独立した[[葉状体]]が多数集まったものがこう呼ばれる。
 
前者は先述のように鞭毛を持つ藻類で、無性生殖時には個々の細胞が二分裂を繰り返し、それぞれが新しい群体を作る。属によって細胞数とその配置が異なる。ボルボックスでは生殖細胞が分化するが、その群体の作られ方はほぼ同じである。
 
[[Image:Scenedesmaceae.jpg|right|thumb|150px|上:[[イカダモ]]類3種]]
後者は運動性のない藻類で、イカダモは細胞が列をなして配置、クンショウモではほぼ円盤状に配置、アミミドロでは袋状の網の形になる。いずれも細胞は互いに密着しているため、一見すると多細胞藻類に見える。それらの無性生殖はさらに特殊である。これらの藻類では細胞内で核が分裂し、多核になった後にそれらが遊走細胞となり、わずかの時間だけ運動をした後に、それらが群体の形に集合する。結果的には個々の細胞がそれぞれに新たな群体を形成するが、その間に多数の独立した遊走細胞となる点が奇妙である。なお、アミミドロでは成長段階で核が分裂して次第に多核となり、それらが娘群体の個々の細胞となるので、その群体を構成する細胞数は必ずしも一定ではない。それでも成長途中で細胞数を増やさない点は同じである。
 
後者の場合、いったんはバラバラになった細胞が改めて集合する点では、[[細胞性粘菌]]にも似ている。全体としてみると、この二つの藻類は、群体の性質には共通点があるが、その性質には大きな差がある。これらは、多細胞生物との関連より、むしろ[[原生生物]]に見られる細胞と[[個体]]のあり方の多様性の中で考えるべきものであろう。
 
== 参考文献 ==
28,698

回編集