「封入体」の版間の差分

編集の要約なし
(核内封入体追記)
'''封入体'''(ふうにゅうたい、英:[[:en:Inclusion bodies|inclusion body]])とは異常な物質の集積により形成される[[細胞]]内の異染色領域であり、能動的機能を有しない小体。[[ウイルス]]や[[クラミジア]]感染あるいは[[重金属中毒]]において形成されることがある。[[細胞質]]内に形成される封入体を細胞質内封入体、[[細胞核|核]]内に形成される封入体を核内封入体、両者に形成される封入体を混合型封入体と呼ぶ。核内封入体には両染性の封入体が核内を満たすfull型と両染性から好酸性の封入体の周囲にhaloが伴うCowdry A型が存在する。例えば、[[狂犬病]]では[[海馬]]や[[小脳]]の細胞質内に好酸性の[[ネグリ小体]]と呼ばれる封入体を形成することがある。封入体は糖質、脂肪、タンパク質、分泌顆粒、色素、結晶質、異物、細菌、ウイルスなどで構成される。
 
== 関連項目 ==
{{DEFAULTSORT:ふうにゆうたい}}
[[Category:病理学]]
{{Medical-stub}}
{{Biosci-stub}}
 
939

回編集