「フェチ」の版間の差分

編集の要約なし
== 語源、語用 ==
比較的近年使われるようになった言葉で、書籍の題名としては1993年の『ボディコン・クィーンズ—ボディコン レッグ・フェチ写真集』(桜桃書房出版)が早い例である。
 
フェティシズムが学問的にも使用される表現であるのに対し、フェチは通俗的に使用される表現である。[[フェティシズム#フェティシズムの誤用]]にあるとおり、本来のフェティシズムの用法から外れ、軽い「好み」といったものにさえフェチは用いられている。[[眞鍋かをり]]が公言する「ボタンフェチ」はこのような例と言っていいだろう。フェチの種類によっては隠される(べき)ものではなくなり、「フェチ」は一般化している。
 
近年では、フェチの類義語として「[[萌え]]」という表現もある。「萌え」はどちらかと言うと、あまり固執しない・ソフトなイメージである一方で、対象がよりマニアックで記号化されているとも言われている。そのため、「萌え」と「フェチ」のどちらがより健康的かを巡ってしばしば意見の分かれる所である。
 
== 概要、類型 ==
匿名利用者