「エルンスト・アウグスト (ブラウンシュヴァイク公)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''エルンスト・アウグスト'''(<span lang="de" xml:lang="de">'''Ernst August'''</span>, [[1887年]][[11月17日]] - [[1953年]][[1月30日]])は、[[ブラウンシュヴァイク公国]]の最後の[[公]](在位:[[1913年]][[11月2日]] - [[1918年]][[11月8日]])。全名は'''エルンスト・アウグスト・クリスティアン・ゲオルク'''(<span lang="de" xml:lang="de">'''Ernst August Christian Georg'''</span>)。[[ハノーファー王国|ハノーファー]]王太子[[エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子)|エルンスト・アウグスト]]の三男で、[[1923年]]から死去まで「'''エルンスト・アウグスト3世'''」としてハノーファー王家の家長でもあった。
 
==生涯==
[[1887年]][[11月17日]]、元ハノーファー王太子エルンスト・アウグスト(2世)とその妃であった[[デンマーク]]王[[クリスチャン9世 (デンマーク王)|クリスチャン9世]]の王女[[ティーラ・フォン・デーネマルク|ティーラ]]の間に第六子(末子)として[[ウィーン]]近くの[[ペンツィング]]で生まれた。父エルンスト・アウグスト(2世)は[[イギリス]]王[[ジョージ3世 (イギリス王)|ジョージ3世]]の曾孫にあたり、イギリス王子の称号と[[イギリス貴族]][[カンバーランド公|カンバーランド=テヴィオットデイル公]]の爵位を持っていた。2人の兄がともに先立ったため、エルンスト・アウグストはハノーファー王家家長とカンバーランド公位の[[法定推定相続人]]となった。
 
{{先代次代|[[ハノーファー王国|ハノーファー]]王家家長|[[1923年|1923]]-[[1953年|1953]]|[[エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子)|エルンスト・アウグスト(2世)]]|[[エルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー (1914-1987)|エルンスト・アウグスト(4世)]]}}
 
{{DEFAULTSORT:えるんすと あうくすと}}
[[Category:ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公]]<!--便宜的に含める-->
[[Category:ハノーヴァー家|えるんすとあうくすと1887]]