「アサンドロス」の版間の差分

編集の要約なし
== アレクサンドロスの元で ==
 
アサンドロスは[[マケドニアのフィロタス|フィロタス([[:en:Philotas of Macedonia]])の子であり、[[フィリッポス2世]]、アレクサンドロス3世の二代に亘って仕えた重臣[[パルメニオン]]の兄弟である。彼はアレクサンドロスの東征に参加し、[[紀元前324年]]の[[サルディス]]無血占領時には王によって[[スピトリダテス]]([[アケメネス朝|ペルシア]]王[[ダレイオス3世]]下の[[リュディア]]・[[イオニア]][[太守]])の太守領であったリュディアとその他の太守に任じられ、同時に支配を維持するのに十分なだけの[[騎兵]]と[[ペルタスト|軽装歩兵]]とその指揮権もまた与えられた。([[アリアノス]]、『アレクサンドロス大王東征記』Ⅰ、17)[[紀元前328年]]の初めにはアサンドロスと[[ネアルコス]](当時は[[リュキア]]、[[パンピュリア]]太守)はギリシア人[[傭兵]]をその時[[ザリアスパ]]にいた王の元まで引率してきた。(ibid、Ⅳ、7)
 
== アレクサンドロス死後、そしてディアドコイ戦争 ==
3,146

回編集