「筒井城」の版間の差分

122.134.191.251 (会話) による ID:23711058 の版を取り消し====は取り消しておきます
(122.134.191.251 (会話) による ID:23711058 の版を取り消し====は取り消しておきます)
[[ファイル:Tutuij3.jpg|thumb|left|250px|筒井城跡地/現在は畑地になっている]]
筒井城は[[近畿日本鉄道|近鉄]][[近鉄橿原線|橿原線]][[筒井駅]]より東北一帯にあり、おおよそ南北400m、東西500mあり、[[平地]]部に築かれた中世の城としては比較的規模が大きく、筒井の集落を囲む形で筒井城があった。現在の筒井城跡は、[[宅地]]、[[畑地]]、[[水田]]となっているが、内[[曲輪]]と外曲輪を巡った[[堀]]跡が点在している。その堀に囲まれた城内には筒井氏とその家臣団の[[屋敷]]があった。また『筒井氏と筒井城』によると、筒井には[[市場]]があったと確認されており、筒井城の「市場も外堀内部にも設けられていた可能性が高いと思われる」と記載している。また筒井集落は、様々な場所で道が折れ曲がり直進できない構造になっている。これらの道や地割は筒井城が築かれた当時の様子をうかがい知る事が出来る。
====
 
== 沿革 ==
4,128

回編集