「第85回東京箱根間往復大学駅伝競走」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎その他の記録: ごぼう抜き復路)
 
==概要==
2009年の箱根駅伝は85回を記念して史上最多の23チームで行なわれた。往路は5区で8人抜きによりトップに立った東洋大学が初優勝した。復路は6区で2位に後退した東洋大学が8区で再び首位に立つとそのまま逃げ切り、初の総合優勝を果たした。併せて復路での優勝も記録した東洋大学は初のタイトルを完全優勝で飾った。初出場から77年目、67回目の挑戦での総合優勝は最も遅い記録となった。前年覇者度優勝校の駒澤大学は13位に終わり、完走した前年優勝校として初のシード落ちとなった。また、前年覇者度優勝校のシード落ちは83回で途中棄権した順天堂大に続く2年連続の出来事。一方また関東学連選抜が2年連続でのシード圏内となる9位に入り、次大会の予選会枠が1校多くなった。金栗四三杯(MVP)は5区区間新記録を達成し貢献した東洋大学・[[柏原竜二]]が受賞した<ref>[http://www.hakone-ekiden.jp/topics/detail.php?newsID=203 箱根駅伝公式webサイト 金栗四三杯]</ref>
===往路===
1区はスタート後しばらくの間23チームでのスローペースでの団子状態が続いていたが、15キロの給水ポイントを境に何人かの選手が代わる代わる仕掛ける展開となり、六郷橋の上り坂では9校が抜け出した。中継所まで数キロの地点で早稲田が抜け出し、そのままトップで通過。一方、順天堂大、日大、青学は集団から大きく離されてしまった。
 
2区外国人選手山梨学院大学2人が主役[[メクボ・ジョブ・モグス|モグス]]は早々に先頭に立つ独走を続け、自身の区間記録を更新す展開になっ2年連続区間新記録の走りで区間賞を獲得した。日[[ギタウ・ダニエル|ダニエル]]は22位から史上最多の20人抜きという怒涛のごぼう抜きを見せて達成し2位まで浮上、一方、山梨学院のモグスは早々にトップに躍り出ると快調に独走を続けて、自身の持つ区間記録を更新する区間新で3区へつなげた。また中央学院大学・[[木原真佐人]]も8人抜きを見せ3位に浮上した前年覇者の[[宇賀地強]]の11人抜きで8位まで順位を上げた。1区で2位の神奈川大と10位の城西大は共に大きく順位を落とした。
 
3区は北京五輪出場の早稲田大学・[[竹澤健介]]と4年連続区間新記録が期待される東海大学・[[佐藤に注目悠基]]集まっ出場した。トップ先頭との差を4分2610から16秒差まで縮める快走を見せた早稲田の竹澤が、区間新記録を樹立、山梨学院を追走した東海大の佐藤は13人抜きの走りでチーム順位を5位にまで上げる好走を見せたが、自身の持つ区間記録には及ばず4年連続区間新記録達成できならなかった。ここで区間21位で順位を17位まで落とした。
 
4区に入るとすぐ、では早稲田山梨学院に追いつき、両者がしばらく並走ける展開に。いたが、10キロ付近から早稲田が徐々に山梨学院を引き離すとは後退そのまま早稲田大学1年の三田はトップ裕介が区間新記録を樹立する走り先頭に立っすきをつなぎ、自身<ref>帝京大学・馬場圭太従来記録を12秒更新する区間新記録したを達成また、</ref>。 明治大学、帝京大学がいずれも7人抜きの走りで順位をそれぞれ3位、5位へと押し順位を上げた。
 
5区の山登り区間では東洋大1年の柏原の走りに注目竜二集まった。9位で襷を受けると前との差詰めては抜き去追い上げる快走を見せた。一方、上位では山梨学院が早稲田との差48秒を詰め、11キロ過ぎの地点では一時並走するに至る快走を見せたかに見えたが、早稲田が再び突き放すと、ここで山梨学院は失速。その間に東洋大の柏原はごぼう抜きの走りでトップの早稲田に迫り、19キロ過ぎに先頭の早稲田を抜いてトップ立つ。下り部分で早稲田が追いつき抜き返すも攻防が続いたが、22キロ手前で東洋・柏原突き放抜け出、そのまま往路のゴールへと飛び込み初優勝を飾った。東洋大の柏原は「山の神」[[今井正人]]の持つ記録を47秒縮め上回5区区間新記録、8人抜きで4分58秒差を逆転する快走だった。一方失速した山梨学院2位に結局区間22秒差4分早稲田大学が入り、上の差をつけられ5位に後退。また下日本体育大学3区での好走で5位まで浮上して中央学院大学、山梨学院大学と続いた東海大は区間最下位で21位に沈んだ前年覇者の4区の18位から15位まで順位を上げたものの、トップとの差は7分55秒で優勝争いからは脱落しとなった。
 
東洋大学はこれまで出場回数50回以上の大学で唯一優勝経験が冠であったが、往路優勝で初のタイトルを獲得した。往路えた時点でのトップとの差が10分以内のチームは史上最多の21チームとなり、出場チーム全体のタイムが年々拮抗していることを現わす結果となった。また10位の帝京大との差学から5分以内に11チームがひしめいており、復路でのシード権争いは熾烈く混戦と展開が予想されるった。個人記録では往路は序盤スローペースが続いた1区を除く2区から5区で計5人が区間新記録を樹立した。
 
===復路===
6区では、往路の結果を受けて22秒前に時差スタートした東洋を、早稲田が追随し3キロ過ぎで東洋を逆転する。しかし中継所までの間にが、互いに追いついては抜き返す展開が続き、この区間だけで5度の首位交代が行なわれた。最後は早稲田の加藤創大首位を奪取抜け出東洋と18秒差でたすきをつないだ。また、伝統的に山下りに強い大東文化大学・佐藤匠が区間賞の走りでを獲得、9位から6位に浮上。一方、シード権を巡っては日大、国士舘、中大、学連選抜が激く競い合う展開を見せた。
 
7区では、早稲田、東洋が共に快走を見せた。序盤早稲田が順調な走りで一時は東洋との差を1分近くまで広げた。しかし、後半に早稲田のペース失速。東洋大学・飛坂篤落ちると、区間賞ペースで走る東洋が後ろに迫りを獲得早稲田との差を12秒にまで詰め迫る展開で8区平塚中継所つない飛び込ん。シード権争いは依然として学連選抜、日大、中大と、追走してきた東京農大が激しく争う状況が続いている
8区に入ると、では東洋が出だしの1キロを3分を切る速いペースで早稲田を追い、8キロ手前で早稲田を捕らえ復路6度目のトップ交代となった。早稲田もしばらく並走を続けるが、16キロで東洋に次第に差を広げられ、中継所では45秒の差が付いた。シード権争いは、8位の中、帝京大から1分以内に13位の学連選抜まで1分差に6校がひしめく混戦となっている。なお19.8キロで城西大学が棄権した。
 
9区の序盤の5キロまで早稲田が、東洋のすぐ後ろにまで迫る速いペースで追い上げを見せるが、権太坂を過ぎて平坦コースになってからは、前半を抑えた走りに徹していた東洋に逆に差を広げられ、区間2位の東洋と区間5位の早稲田の差は結局1分26秒差にまで広がった。シード権争いからは国士舘と学連選抜、帝京大が後れをとり、日大が10位をキープしたまま10区へつないだ。なおまた、8区で途中棄権となった城西大学がため非公式記録であるが、城西大学・伊藤一行が区間トップの山梨学院大学を38秒上回る「幻の区間賞」と言える好走を見せた<ref>[http://www.hakone-ekiden.jp/topics/detail.php?newsID=202 箱根駅伝公式webサイト 復路成績]</ref>
8区に入ると、東洋が出だしの1キロを3分を切る速いペースで早稲田を追い、8キロ手前で早稲田を捕らえ復路6度目のトップ交代。早稲田もしばらく並走を続けるが、16キロで東洋に次第に差を広げられ、中継所では45秒の差が付いた。シード権争いは、8位の中大、帝京大から1分以内に13位の学連選抜までの6校がひしめく大混戦となっている。なお19.8キロで城西大学が棄権した。
 
10区では、鶴見中継所で1分26秒差をつけられた早稲田が次第に東洋との差を少しずつ詰めていく走りを見せ、20キロ過ぎでトップと1分以内の差は1分を切るところまで追い上げたが、東洋とのタイム差を解消するには至ら届かず、逃げ切った東洋大学が67回目の挑戦で初の総合優勝を飾った。2位でゴールした早稲田との差は41秒だった。3位には日本体育大学、以下大東文化大学、中央学院大学と続いた。
9区の序盤の5キロまで早稲田が、東洋のすぐ後ろにまで迫る速いペースで追い上げを見せるが、権太坂を過ぎて平坦コースになってからは、前半を抑えた走りに徹していた東洋に逆に差を広げられ、区間2位の東洋と区間5位の早稲田の差は結局1分26秒差にまで広がった。シード権争いからは国士舘と学連選抜、帝京大が後れをとり、日大が10位をキープしたまま10区へつないだ。なお、8区で途中棄権となった城西大学が非公式記録ではあるが、区間トップの山梨学院大学を38秒上回る「幻の区間賞」と言える好走を見せた。
 
シード権争いでは予選会組の粘りの走りを見せた。予出からは4位の日が総合3位に、予選10位の大東文化大が総合4位に、予選9位の明が総合8位に入り、それぞれシード権を獲得した。また、馬場先門で11位に位置していた関東学連選抜が終盤に追い上げを見せ、前を行く東京農大、中大を捉えて総合9位に入り、2年連続で10位以内の成績を収めた。総合10位の中大が最後のシード権を獲得し、往路6位の国士舘34秒差で総合11位となりシード権を逃した。9区終了時点で8位だった東京農最後に失速してシード圏外の12位でレースを終えた。13位となった前年覇者優勝校の駒澤大13位となり13年ぶりに、過去ワーストの19位に沈んだ一昨年優勝の順天堂大は19位となり47年ぶりに、それぞれシード圏外の順位に終わ権を逃す結果となった。
10区では、鶴見中継所で1分26秒差をつけられた早稲田が次第に東洋との差を少しずつ詰めていく走りを見せ、20キロ過ぎでトップとの差は1分を切るところまで追い上げたが、東洋とのタイム差を解消するには至らず、逃げ切った東洋大学が67回目の挑戦で初の総合優勝を飾った。2位でゴールした早稲田との差は41秒だった。
 
シード権争いでは予選会組の粘りの走りを見せた。予選4位の日体大が総合3位に、予選10位の大東文化大が総合4位に、予選9位の明大が総合8位に入り、それぞれシード権を獲得した。また、馬場先門で11位に位置していた学連選抜が終盤に追い上げを見せ、前を行く東京農大、中大を捉えて総合9位に入り、2年連続で10位以内の成績を収めた。総合10位の中大が最後のシード権を獲得し、往路6位の国士舘が34秒差で総合11位となりシード権を逃した。9区の時点で8位だった東京農大は最後に失速してシード圏外の12位でレースを終えた。13位となった前年覇者の駒澤大は13年ぶりに、過去ワーストの19位に沈んだ一昨年優勝の順天堂大は47年ぶりに、シード圏外の順位に終わった。
 
== 成績 ==
**2008年10月18日 8:25- ([http://sports.jorf.co.jp/hakone/ ラジオ日本 箱根駅伝2009ブログ])
 
==脚注・参考文献==
<references />
 
254

回編集