「分子マシン」の版間の差分

nihon
(nihon)
'''分子マシン'''(ぶんしマシン)、もしくは '''分子機械'''(ぶんしきかい、Molecularmolecular Machine)machine)は、ミクロスケール、あるいはナノスケールで制御された機械的動きを起こす[[分子]]、あるいは分子複合体である。
 
== 分子機械の分類と例 ==
*分子内の一部分が他の部分に対して一方向に回転する、あるいは回転のon/offを制御できるもの
*ゲスト分子・イオンに対する親和性が刺激(光・酸化還元・第三の物質の添加など)に応じたホスト分子の構造変化によって変化するもの
*ゲストとして捕えたイオンの捕られた位置が刺激に応じて変化するもの
といった例が実現されている。
 
*同じ動作を繰り返して起こすことができる(2種類・あるいはそれ以上の複数の状態の間を周期的に遷移できる)。
*動きがなんらかの分光法によって観測できる。
という性質を持つ分子を分子機械と呼ぶことが多い。(たとえば、液体の[[トルエン]]一分子を見た場合、[[メチル]]は[[ベンゼン環]]に対して回転しているはずであるが、一方向に回転させたり、回転のon/offを刺激に応答して変えたりというような「意味のある」ことを起こすことは難しいと考えられる。このように、分子の動きが制御できない場合は、分子機械とは呼べない。<ref>もちろん温度を変えることで分子内の回転速度は変化するが、これは他の分子でも一般的に見られる現象なので意味のある制御とは言い難い。</ref>)
 
=== 生体分子を人工的に改変した半人工分子機械 ===
== 代表的な研究者 ==
分子機械はカテナン、ロタキサンといった「絡み合った分子」を用いた系が多く研究されていて、その分野の研究者が多い。
*[[新海征治]]
*[[:en:Seiji Shinkai|Seiji Shinkai Ph.D.]]
*James Fraser Stoddart
*Ben Feringa
*Jean-Pierre Sauvage
<references />
 
[[Category{{DEFAULTSORT:分子|ふんしましん]]}}
[[Category:分子|ふんしましん]]
[[Category:分子生物学|ふんしましん]]
[[Category:機械|ふんしましん分子生物学]]
[[Category:機械]]
{{Chem-stub|ふんしましん}}
24,969

回編集