「エピメーテウス」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{Otheruses|ギリシア神話|その他|エピメテウス (曖昧さ回避)}}
'''エピメーテウス'''([[古典ギリシア語]]:{{lang|grc|'''’Επιμηθεύς'''}})は、[[ギリシア神話]]に登場する[[神]]で、[[ティーターン]]のひとりである。[[プロメーテウス]]の弟で、[[ヘーシオドス]]が『[[仕事と日]]』において、対比的に神話を語っている。
 
日本語では、'''エピメテウス'''とも呼ぶ。
 
=== 家系 ===
[[イーアペトス]]と[[クリュメネー]](または[[アシアー]])の息子とされる。[[アトラース]]・[[プロメーテウス]]・[[メノイティオス]]の兄弟で[[ティーターン]]の血族に連なる。
 
== 人物・エピソード ==
それに関しての神話は以下の通りである。すなわち、プロメーテウスがゼウスから[[火]]を盗んで人類に与えた後、ゼウスは人類が神々より強くなるのを恐れ、人類に厄災をもたらそうと謀った。そのため[[ヘーパイストス]]に美女[[パンドーラー]]を作らせ、エピメーテウスに贈り物として与えた。
 
プロメーテウスはエピメーテウスに警告したが、エピメーテウスは聞かず、パンドーラーを妻とした。のちにパンドーラーはゼウスから与えられた箱((箱とする説もある)を開け、その中にあった厄災を解き放ったという。これがいわゆる[[パンドラの箱]]である。
 
ただし、エピメーテウスとパンドーラーの夫婦自身は厄災を免れ、その後起きた[[大洪水]]をも生き延び、末永く仲睦まじく暮らしている。
 
==関連項目==