メインメニューを開く

差分

バカラ (トランプゲーム)

18 バイト追加, 9 年前
m
編集の要約なし
:ベット額に対するカジノの収益率を控除率(ハウスエッジ)と呼ぶことがある。特にコミッションが5%と設定されていることが多いことから、バカラの控除率=5%と誤解されやすい。これは間違いで、実際はプレイヤーサイド、バンカーサイドともにほぼ同等の1%程度になるように設定されていることが多い。バカラというゲームはルール上、バンカーがプレイヤーよりやや勝ちやすい構成となっている。よってプレイヤーサイドのベットはルールの不利で1%というハウスエッジを作り出し、バンカーサイドはルール的に有利で勝率も高いのだが配当オッズが低い(この場合、0.95倍)という形で1%というハウスエッジを作り出している。
 
:上記の通り、コミッションの設定はすなわちバンカーサイドの配当オッズの設定に他ならないが、これはカジノが任意に定するもので、バンカーサイドのハウスエッジすなわちカジノの収益を左右するものである。もっともポピュラーなコミッション=5%の場合だと、バンカーのハウスエッジは+1.06%となる。コミッション=2.75%のときバンカーのハウスエッジがほぼ±0%となり、これより小さいコミッションの設定だとハウスエッジは負の値となりカジノは赤字となる。しかし[[プロモーション]]の一環として期間限定でコミッション0%などキャンペーンを実施するカジノもある。
 
*(誤解2)コミッションを取らないバカラ
29

回編集