「サイレント・ランニング」の版間の差分

URL
(URL)
| 製作総指揮 =
| 製作 = マイケル・グラスコフ
| 脚本 = [[デリック・ウォシュバーン]]<br />[[マイケル・チミノ]]<br />[[スティーブン・ボッコ]]
| 出演者 = [[ブルース・ダーン]]
| 音楽 = [[ピーター・シャイケル]]<br />[[ジョーン・バエズ]](リジョイス・イン・ザ・サン)
| 撮影 = [[チャールズ・F・ウェラー]]
| 編集 = [[アーロン・ステル]]
| 配給 = [[ユニバーサル・ピクチャーズ]]
| 公開 = {{flagicon|USA}}1972年3月10日
| 上映時間 = 89分
| 製作国 = アメリカ{{USA}}
| 言語 = 英語
| 制作費 =
| 前作 =
| 次作 =
| allcinema_id = 8491
| kinejun_id =
| amg_id =
 
==概要==
宇宙空間を舞台にしたSF映画。[[2001年宇宙の旅]][[アンドロメダ病原体#映画|アンドロメダ…]]の特撮を手がけた[[ダグラス・トランブル]]が監督を務めた。
 
[[ユニバーサル映画]]が、1972年に企画した5本のローバジェット(いわゆる低予算)映画の一本だが、先に公開された他の4本の興行が不振だったため、ユニバーサル映画は本作の興行も早急に打ち切ってしまった(これによってダグラス・トランブルは財政的に損害を被ったと言われている)。その後、幻の名作としてSF映画ファンの間で次第に噂が広がり、[[カルト映画]]として多くの信奉者を獲得した。
{{ネタバレ}}
== 内容 ==
地球上から全ての植物が絶滅し、わずかな標本が[[土星]]軌道の外にいる3隻のアメリカン航空の「宇宙貨物船(Space Freighters)」の船体に取り付けられた温室ドームに保存されていた。その3隻のうちの1隻「ヴァリー・フォージ」の4 人の乗組員のうち、フリーマン・ローウェル([[ブルース・ダーン]])だけは植物の価値を重視し、勤務に精励していたが、他の3人は人工的に管理された地球の方が便利で快適だと主張しており、勤務ぶりも杜撰だった。互いに相容れない価値観をぶつけ合いながらも、4人はドームの植物の管理を続けていた。
 
そんなある日、地球から植物保存計画の断念が伝えられ、ドームを破棄し帰還せよとの命令が下る。退屈な任務から解放されてさっさと地球に帰りたいと思う3人の乗組員が破壊の準備を続ける一方、植物が絶滅することに耐えられないフリーマンは、地球からの帰還命令に背き、仲間を殺害して、2体のドローン([[ロボット]])と供に、バリー・フォージ号の唯一爆破を免れたドームとともに、宇宙に深く潜行し、逃亡する道を選んだ。
 
しかしながら、ドーム内の植物が次第に衰えていく現象が発生しフリーマンは解決するために奔走する。原因は宇宙船が太陽から離れて行ったために[[日照]]が不足していたのであった。人工的に光を当てることで何とか植物を回復することができた。潜行は上手くいったかに見えたが地球からの救助船に発見されてしまう。フリーマンはドームだけを残し、宇宙船はドローンと自らと共に自爆する。残されたドームは一体のドローン、「ヒューイ」が孤独に[[じょうろ]]で植物に水をやり世話をするのであった。
匿名利用者