「参拝」の版間の差分

編集の要約なし
'''参拝'''(さんぱい)とは、[[神社]]や[[寺院]]に行って神仏を拝む行為のことである。
 
同様の言葉に「'''参詣'''(さんけい)」があるが、参拝は拝むことに主眼があるのに対し、参詣は寺社へ詣でる(行く)ことに主眼がある。ただし、[[寺社]]に参拝するためにはそこへ詣でることになるので、一般には両者は同義の言葉とみなされている。[[観光]]や[[学校]]などによる[[社会科見学]]<!-- 、抜け道として[[参道]]を使用する場合 ←さすがにこれは参詣とは言わないと思う -->など、宗教的な意味あいの薄いものについて「参詣」と言い分けることもある。
同様の言葉に「'''参詣'''(さんけい)」があるが、参拝# [[手水舎]]で手を洗い、口をすすぐ。神前・仏前に参る前に身を清める行為で、神社の場合は略式の[[禊]](みそぎ)ということになる。
== 参拝方法 ==
[[Image:Bow,hai-rei,katori-jingu-shrine,katori-city,japan.JPG|thumb|right|160px|神前での拝礼]]
一般的な参拝方法の大きな流れは、神社・寺院とも以下のようなものである。
同様の言葉に「'''参詣'''(さんけい)」があるが、参拝# [[手水舎]]で手を洗い、口をすすぐ。神前・仏前に参る前に身を清める行為で、神社の場合は略式の[[禊]](みそぎ)ということになる。
# [[賽銭]]を[[賽銭箱]]に入れる。
# 鈴を鳴らす。(鈴を鳴らした後に賽銭を入れると説明する人もいる)
 
近世になると、交通網の整備にともなり庶民の遠出が盛んになり、伊勢神宮・[[金刀比羅宮]]・[[善光寺]]などへ全国から参詣者が訪れるようになった。遠隔地への参詣には費用がかかることから、人々は[[講]]を組織し、お金を出しあって代表者が代参を行うという習慣も生まれた。また、伊勢神宮への参詣では、道中で無一文になっても沿道の人々の援助によって旅が続けられるという「抜け参り」という風習もあった。これは、援助をした人も参詣した人と同じ御利益が得られると考えられたためである。
 
== 親拝 ==
[[天皇]]が神社を訪れることは参拝とは呼ばず「'''親拝'''(しんぱい)」と言う。これは天皇が[[神道]]上の[[現人神]]であり、祀られている神と同格であるとする教義に基づく理由からであるが、近年では新聞記事などでも参拝という誤った用語が使用される例が目立つ。なお、天皇を除く[[皇后]]、[[皇太子]]その他の[[皇族]]に関しては参拝と呼ぶのが正しい。
一部には、[[靖国神社]]や[[護国神社]]、[[大宰府天満宮]]、[[日光東照宮]]、[[湊川神社]]などといった、[[天津神]]や[[国津神]]などではなくもともと天皇の臣下であった臣民(人間)を[[祭神]]とする神社に関しては、親拝ではなく単に[[行幸]]と呼ぶべきであるとの意見もある。
 
== 様々な参拝 ==
262

回編集