「谷重喜」の版間の差分

linkなど調整
(→‎親族: 追記)
(linkなど調整)
'''谷  重喜'''(たに  しげき、[[1843年]][[5月23日]]([[天保]]14年[[4月24日 (旧暦)|4月24日]]) - [[1887年]])は、日本の[[大日本帝国陸軍|陸軍]][[軍人]]、[[自由民権運動|自由民権運動家]]。最終階級は陸軍[[大佐]]
 
== 履歴 ==
{{和暦|1843}}旧4月24日神佐衛門重昌の長男に生まれた。明治[[戊辰戦争|戌辰の役]]では東征[[土佐藩]]兵の四番小隊長として出兵、甲府、今市、会津と転戦し功をあげた。{{和暦|m|3}}陸軍大佐になり、大阪[[鎮台]][[参謀]]長に。{{和暦|m|7}}[[佐賀の乱]]にあたり[[林有造]]の挙兵計画の相談に対し政府の職にある故申し出を断った。乱のあと下野に下る。
 
[[板垣退助]]を助け[[立志社 (政治団体)|立志社]]に入り[[自由民権運動]]に挺身。{{和暦|m|10}}立志社の副社長になった。[[西南戦争|西南の役]]では林有造らの挙兵計画に賛同し、禁獄1年の刑に処せられた。{{和暦|m|14}}10月板垣退助が[[自由党 (日本)#自由党 (日本 1881-1884)|自由党]]を結成するやその結成に尽力し、自由新聞の会計を司り。{{和暦|m|15}}~{{和暦|m|16}}板垣退助の外遊の不在中、自由党総理の職を依嘱され代行する。{{和暦|m|19}}山内家の家来となったが翌{{和暦|m|20}}死去。
 
== 関連書籍 ==
「幽因録」*谷重喜著『幽因録』
 
== 親族 ==
*[[谷秦山]]の兄弥太郎重正6世の孫
*[[谷干城]]は遠縁にあたり同じ谷一門である。
 
{{DEFAULTSORT:たに  しけき}}
[[Category:幕末維新側人物]]
[[Category:日本の陸軍軍人]]
[[Category:高知県出身自由民権運動の人物]]
[[Category:高知県の政治家]]
[[Category:1843年生]]
[[Category:1887年没]]
164,540

回編集