「AH-J3002V」の版間の差分

 
== 概要 ==
DDIポケットのAirH"Phone第一弾として、日本の[[携帯電話]]、[[PHS]]で初めて[[パケット定額制]]に対応した端末である。H"LinkやPメールDXといったこれまでの独自コンテンツ形式を廃し、代わりにC-HTMLブラウザを搭載し携帯電話向けのWEBページを閲覧できる。端末単体でのインターネット接続の際にもDDIポケットが用意したClub AirH"という接続サービスのみならず、他の[[インターネットサービスプロバイダ]]を選んで接続が可能。またDXメールやSoundMarketへの対応を省き、POP3メール対応、αPHS子機非対応、外部接続端子をαPHS方式からmini [[Universal Serial Bus|USB]]端子に変更するなど、これまでのDDIポケット独自の機能を廃しパソコンとの親和性を高くしたことが特徴である。着信メロディも独自形式のfeel sound形式に加え[[MIDI]]形式も利用可能。国際ローミングにも対応とこれ以降のDDIポケット端末のあり方を定義したエポックメイキング的端末といえる。しかし一方で液晶画面が当時の水準としても質の低い物であるなどデータ通信に軸足を移していた当時のDDIポケットの台所事情も伺える
 
またDXメールやSoundMarketへの対応を省き、POP3メール対応、αPHS子機非対応、外部接続端子をαPHS方式からmini [[Universal Serial Bus|USB]]端子に変更するなど、これまでのDDIポケット独自の機能を廃しパソコンとの親和性を高くしたことが特徴である。着信メロディも独自形式のfeel sound形式に加え[[MIDI]]形式も利用可能。国際ローミングにも対応とこれ以降のDDIポケット端末のあり方を定義したエポックメイキング的端末といえる。
 
一方で液晶画面が当時の水準としても質の低い物であるなどデータ通信に軸足を移していた当時のDDIポケットの台所事情も伺える。
 
開発を担当した日本無線はかつてアステルで[[AJ-51]]というオープンインターネット対応PHSを発売したことがあり、その後継機と見ることも出来る。
 
AH-J3001VはAH-J3002Vから背面液晶を省き、カラーバリエーションを変更した廉価機という位置づけである。機能面での差違はない。
 
当初は初回生産分の6万台にのみUSB接続ケーブルが同梱されるとあったが、実際は販売末期にも同梱されていた。USBケーブルはその後のウィルコム音声端末にも一部を除き標準で同梱されるようになる。
なお、AH-J3001VとAH-J3002Vは日本無線が製造した携帯電話・PHSの中では唯一の折りたたみ式端末である。(2008年現在)