「太白山脈」の版間の差分

m
曖昧回避 北も南にあわせ略称をやめる
編集の要約なし
m (曖昧回避 北も南にあわせ略称をやめる)
|katakana=テベク サンメク
}}
'''太白山脈'''(たいはくさんみゃく、テベク サンメク)は[[国]]と[[朝鮮民主主義人民共和国]]にまたがる[[山脈]]で、[[朝鮮半島]]の東部を縦断する主要な山脈である。北朝鮮から韓国の[[釜山市]]付近まで500km以上にわたり、1000m級の山々が続いている。分岐する[[小白山脈]]と合わせて朝鮮半島の背骨である白頭大幹(ペクトゥデガン)をなす。
 
最高峰は韓国・[[江原道]]に位置する[[雪嶽山]](ソラクサン 1,708m)で、そのほか北朝鮮の支配地域に位置する[[金剛山 (朝鮮)|金剛山]](クムガンサン 1,638m)は景勝地として有名である。半島の主要な河川である[[漢江]]と[[洛東江]]はともにこの山脈から発している。