「予算線」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
'''予算制約線'''(よさんせいやくせん)、あるいは単に'''予算線'''(よさんせん)とは、[[予算制約式]]を、[[財]]・[[サービス]]の消費量と[[価格|財価格]]のグラフ上に描いた直線である。
の直線が[[無差別曲線]]と接する点において、[[消費者]]の[[効用]]が最大化される。
 
消費者は、予算の制限がなければ果てしなく自己の効用を上げ限りなく最大化しようとするだろう
しかしながら、消費者一人一人が持ちうるお金には上限が決まっている。
簡単に言えば、財布の中に入る金には限りがあり、効用も制限される。
この上限の下、消費者は自己の効用を最大化するような財・サービスの組み合わせを決定する。
このような制限を、経済学では'''予算制約'''と言い、それを[[数式|式]]で表したものが'''予算制約式'''である。
たとえば、2つの財XとYを仮定し、これらの財の価格をそれぞれPX、PYとする。また、所得をIとすると、
予算制約式はXPX+YPY≦Iとなる。
 
 
[[Category:経済学|よさんせん]]
匿名利用者