「Kerkerの方法」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる: HTML転換)
'''Kerkerの方法'''(Kerker(Kerker method):method)は、[[セルフコンシステント]]な電子状態計算おいて、[[電荷密度]]を混合する方法の一つ[1]。パラメーターを適宜設定することにより、単純混合による方法より計算の収束を速く出来でき。ただし、速くならない場合もある
 
この方法での電荷密度混合の表式は、電子状態の計算をセルフコンシステントに進める上で、そのための繰り返し計算におけるn回目の繰り返しでの電荷密度をρ(n)とすると、
となり。これは'''単純混合'''の表式となっている。定数、α、λは計算が速く収束するような値を選ぶが、それは扱う系や計算条件に依存する。
 
== 参考文献 ==
 
[1] G. P. Kerker, Phys. Rev. B'''23''' (1981) 3082.
 
== 関連記事項目 ==
 
*[[電荷密度の混合の仕方]]
 
[[Category:固体物理学バンド計算]]
匿名利用者