「横山ノック」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
=== 強制わいせつ事件 ===
選挙活動の際に運動員をしていた女子大学生から、「選挙運動中に下着の中に手をいれられた挙げ句に性器を触られ、当日性交をするために自分の所へ訪れよと命令された」として、[[強制わいせつ]]と[[セクシャルハラスメント|セクハラ]]行為で[[民事訴訟]]を起こされた。なお、この訴訟には反知事派、女性団体、[[フェミニスト]]や女性[[弁護士]]グループが大勢、弁護団としてバックについていた。それに対し、横山は「真っ赤な嘘」「でっちあげ」と完全否定して、女子大学生を[[虚偽告訴]]容疑で逆告訴した。また、[[上坂冬子]]や[[曾野綾子]]などの一部文化人やワイドショー出演者・司会者は、女子大学生側に対し、「胡散臭い」「なぜその場で声をあげなかったのか」「金目当ての訴訟だ」と批判した。裁判開始後、横山は「公務の時間を奪われたくない」という理由で事件に関する答弁を拒否した。ただし、法廷外での記者会見や府議会では容疑を否定して女子大学生側に対する批判を行ったのような状況の中とで批判を浴び女子大学生の背後についていたフェミニストや女性団体、反知事派が辞職を求めるデモしたりもしていた。
 
[[1999年]]12月13日、[[大阪地方裁判所]]はセクハラ行為を認定した他、横山の逆告訴や法廷外での発言を名誉毀損であると認定し、女子大学生に対して1100万円(セクハラ訴訟として過去最高額)の支払いを命じた。その後、12月21日には[[大阪地方検察庁]]から[[強制わいせつ]]罪で[[在宅起訴]]され、知事を辞職した。[[2000年]]3月に開かれた[[刑事裁判]]の初公判では一転して強制わいせつ罪の事実を認め、女子大学生に謝罪した。女子大学生を支援するフェミニストや女性団体、弁護士、反横山派の政治家などの様々なバックアップのおかげで、マスメディアの報道は女子大学生に同情的な方向へ誘導されて行き、横山バッシングとも言えるような報道が続き、世論も横山非難に傾いていった。そのような状況も、裁判の結果に影響を与えたと考えられる。例えば、[[AERA]]は「'''タコの次はイカす知事がいい'''」と広告を載せた。なお、在宅起訴時、横山は病院に入院し、心臓[[手術]]を受けている。刑事裁判の間、次の大阪府知事候補予想として[[西川きよし]]と[[上岡龍太郎]]が挙がった。それに対し、西川はすぐに否定したが、上岡は各新聞媒体の記者に[[ギャグ]]で立候補の意思を表明するといった出来事があった。
 
=== 有罪判決・芸能界追放・芸能活動自粛 ===
127

回編集