「バイエルン級戦艦」の版間の差分

 
==設計==
本級の排水量は遂に3万トンを超える32,000トンにおよび、主砲は「ヘルゴラント級」以来の30.5cm砲から一挙に38cm(15インチ)砲が採用された。ドイツは従来は英国よりもひとクラス小型の主砲を搭載してきたが、これで一気に英国に追いついた事になる。当初は3連装砲塔による火力増大が検討されたものの、先行して3連装砲塔採用したオーストリア海軍の戦艦において揚弾などに不具合が生じたため、確実な動作を約束する連装砲塔とし、主砲口径の増大収め、よる火力の向上を図ったのである。これを前後に2基を背負い式配置で計4基を装備、副砲は最上甲板下の舷側部分にケースメイト配置で左右8門ずつ装着された。本級はの火力は同時期に開発中であった[[イギリス海軍]]の15インチ砲装備の戦艦、もしくは[[フランス海軍]]の34cm砲10門戦艦に投射弾量で匹敵した。しかしながら本級の主砲は軽量の砲弾を使用したため、射程は大きいものの射程が伸びるにつれ威力で英仏に劣るものであった。また、戦時中の[[ドイツ]]は上質の重油の安定した供給を得ることができず、本級は石炭を主に使用する混焼缶を使用したため艦隊速力の低速に苦しめられた。
 
本級の火力は同時期に開発中であった[[イギリス海軍]]の15インチ砲装備の戦艦、もしくは[[フランス海軍]]の34cm砲10門戦艦に投射弾量で匹敵した。また本級(に限らず他のドイツ戦艦も同じであるが)の主砲は軽量の砲弾を装薬を多く使用して撃つため、初速が大きく近距離(5,000~8,000m)での貫通力に優れるが、射程が伸びるにつれ威力で英仏に劣るものであった(ただし射程自体は大きい)。これはドイツ海軍は視界の悪い北海での戦いを想定したため、長距離砲戦を想定していなかったからである。また、戦時中の[[ドイツ]]は上質の重油の安定した供給を得ることができず、本級は石炭を主に使用する混焼缶を使用したため艦隊速力の低速に苦しめられた。
 
=== 主砲塔配置 ===
4,281

回編集