「佳藝電視」の版間の差分

[[1973年]]、当時の[[香港政庁]]の方針で、テレビの放送局数を、[[広東語]]・[[英語]]それぞれ1チャンネルづつ増加する事となり、経営希望者を募集の結果、[[商業電台]]を中心としたグループが[[広東語]]による放送権を獲得し、直ちに放送局設置の準備に入った。(なお、英語による放送権は、現在の亜洲電視([[ATV]])が獲得した)
 
[[1975年]][[9月7日]]、香港第3のテレビ局として開局した。開局直後より、自社製作の[[テレビドラマ]]や、[[秘密戦隊ゴレンジャー]]などの日本の放送局が製作した番組を放送したが、[[金庸]]原作の小説をドラマ化した番組は、演出方法や出演者の評価が高く、香港のテレビドラマにおける歴史的作品との評価があなっている。
 
一方で、放送権交付の条件として、ゴールデンアワーに[[教育番組]]を[[コマーシャル]]無しで放送しなければならないなど、後発の放送局として不利な条件も数多く存在しており、これが経営悪化要因となった。
匿名利用者